社会医療法人至仁会リハビリテーション部門

私たちの提供しているもの

病気で入院された方に対して、早期に退院し社会復帰が実現できるよう、超急性期から積極的に介入し、回復期では1日2~3時間の集中的なリハビリテーションを実施しています。退院された方に対しては、外来や介護保険でのリハビリテーションを実施し、急性期から維持期まで継ぎ目のないサービスを提供しています。
回復期リハ

回復期リハ

read more

vol.1
急性期リハ

急性期リハ

read more

vol.2
維持期リハ

維持期リハ

read more

vol.3

質の高いリハビリテーションの追究

解剖学や生理学などの基礎知識や疾患についての知識、徒手療法などの技術を習得するため、定期的に勉強会や技術練習を実施しています。
また、今までの既成概念にとらわれることなく、最新の知識・技術を積極的に導入し、質の高いリハビリテーションを提供するように努めています。

人材育成

至仁会リハビリテーション部門の新人教育は 『3年間で一人前 』 を目標に実施されています。1年目の半年間(前半)は安全なリハを提供するためのリスク管理を覚えること、その後の半年間(後半)は自分で考え、主体的に発言・行動できるよう指導しています。また、臨床経験1年目・2年目には症例検討を行い、日々の臨床を見つめなおす機会を設けています。至仁会では急性期・回復期・維持期の3つの分野を1年ごとに経験し、柔軟な思考を持った、視野の広い療法士の育成を心掛けています。至仁会リハ部門で経験した3年間は他法人・他施設での3年間では得ることができない知識・技術が得られるもの考えています。

アクセス

このメニューボタンをクリックしていただくと、一覧が表示されます

お問い合わせ

下記フォームに必要事項を入力後、確認ボタンを押してください。

お名前 ※必須
電話番号(半角)
Mail(半角) ※必須
お問い合わせ内容

 

※IPアドレスを記録しております。いたずらや嫌がらせ等はご遠慮ください