社会医療法人至仁会リハビリテーション部門

求職者の方へ

求める人物像

・人と接するのが好き
・ポジティブな思考
・自分の成長を望んでいる
杉浦恵介
理学療法士 杉浦恵介
役職:技師長

就職は人生の中で大きなイベント、専門学校や大学の最終学年となり、いざ就職先を決めるとなると悩んでいる方も多いと思います。私たちは、質の高いリハビリテーションを提供することに日々挑戦し、ひとり一人のスタッフが責任を持って業務に当たっています。専門職としての仕事とプライベートのどちらも充実させたいと思っている方、至仁会では皆さんが社会人として成長できる環境、ライフステージに沿った働き方ができる環境が整っています。そんな私たちと一緒に働いてくれる方をお待ちしています。一緒に勉強し、臨床経験を積み、高い知識・技術の習得を目指しましょう。

塩野入健一
理学療法士 塩野入健一
役職:科長

リハビリテーション部門の人材育成は臨床での知識・技術だけではなく、主体的に考え・行動できる人材を目指すプログラムとなっています。疾病に対する知識やリスク管理をまず学び、日々の業務を実施できるようになった段階で、カンファレンスなどで自分の考えを発言する能力を養います。また、至仁会では3年間のうちに急性期、回復期、維持期など様々な病期を経験することにより、ゼネラリストとなるような人材を育てます。医療や介護は多くの職種が関わりチームで業務をしています。一人ひとりが高い専門性を持ち、チームの一員となって共に歩んでいきましょう。

塩野入健一

作業療法士 下村和也

至仁会は福利厚生が充実しており、納涼祭や忘年会、社員旅行といったイベントがたくさんあります。私は社員旅行でグアムに行き、国内では体験できないひと味違った良い思い出を作ることができました。社会人となった今、慣れない環境も相まって緊張の連続でした。様々なイベントを通して、楽しみながら交流する機会を得ることができ、自然と社会人としての心得などが身につきました。今後も楽しみながら、OTとして、社会人として日々成長をしていきたいと思っています。

井口千秋

言語聴覚士 井口千秋

学生時代、臨床実習地が圏央所沢病院でした。実習前までは、地元である関西での就職を考えていましたが、実習で和気藹々とした雰囲気、良好な人間関係に惹かれ就職を決意しました。至仁会では幅広い病期における臨床を経験し、多くのことを学ぶ機会があることも私にとっては大きな魅力でした。現在は急性期に配属していますが、どの病期においてもPT・OT・STそれぞれの専門性を生かし、協同しやすい環境であると思います。

高畑美玖

理学療法士 高畑美玖

私は入職してから、急性期・回復期での臨床経験を積みました。急性期では、疾病の理解やリスク管理について、回復期では、退院に向けての動作指導や環境設定、退院後の介護保険などのサービス利用の提案などを学ぶことができました。私は自分の考えを人に伝えることが苦手でした。しかし、悩みがあっても先輩がとても優しく自分の意見が言いやすいよう促してくれ、その苦手意識がなくなったように感じています。

採用担当:塩野入(しおのいり)
連 絡 先:04-2920-0531(リハ科直通)